ベルト交換をするメリットは?
2017.04.24

シルバーの腕時計時計ベルトというアイテムは、腕時計本体を支える重要なパーツになることは言うまでもありません。
今回、ここでは、この時計ベルトを交換するということのメリットについて触れていきます。
意外と「ベルトがダメになってしまったから、この時計はもうダメ。捨ててしまおう。」という人が多いです。
これでは…勿体無いため、ベルト交換についてのメリットを声を大にしてお伝えしていきます。

■時計ベルトの交換するメリットは…当然「長く使える」

言うまでもなく、時計ベルトの交換のメリットは、その腕時計を長く使うことができることが挙げられます。
冒頭に記載した通り、時計を捨ててしまうタイミングとして、時計ベルトが千切れてしまったときが多いです。
時計ベルトと言えども、修理料金とベルト自体の料金が必要となってくるため、ボチボチの金額が必要となってしまいます。
しかし、その時計に思い入れがあるのであれば、そのお金を支払ってでも交換するべきです。
結果、その時計が長く使うことができるメリットを得ることができるわけです。

■値段はピンキリで高品質のベルトを使えば高くなるのは当たり前

ちなみに、時計ベルトの値段の話について少し触れましたが…こちら、もう少し掘り下げてお話をします。
時計ベルトの値段は、まさにピンキリです。
皮革ベルトと言っても、品質は様々な高いものになってくると、数万円することもザラです。
ただし、それだけ長持ちをする可能性が高いため、直ぐに千切れてしまい、また交換となることは少ないです。
つまり、安物で直ぐに千切れて交換というランニングコストと、長持ちするというランニングコストを比較したとき…。
意外と値段は変わらないこともあるため、目先ではなく長い目で見て、ベルト交換をすることをおすすめします。
ベルト交換をするとき、合わせて「保証」に関しても、しっかりと確認をしておきましょう。
1年以内に千切れてしまったら、時計店が無料で交換してくれることもあります。

■柄を変更することができて気分転換にもなる

ベルト交換の最大のメリットの1つは、やはり「柄を変えて気分転換することができる」ということが挙げられます。
それなりに大きな時計店に足を運ぶと、これでもかというぐらいのベルトが陳列されています。
その中から1つを選ぶことになるため非常に楽しいです。
例えば、ステッチが入っていたベルトを、シンプルにシックにしたいと、ステッチなしの黒の皮革ベルトにしてみたり。
鮮やかな色のもの、迷彩柄など、兎にも角にも選択肢は無限大です。
こういった「きせかえ」的な楽しみ方ができるのも、腕時計の楽しさであり、時計ベルトの醍醐味でもあります。

▲ ページトップへ