人気の時計 ベルトサイトランキング

第1位 株式会社カミーユ・フォルネ ジャポン

  • 時計のベルトはメンズ・レディースとも種類が豊富

  • 職人が守り続ける、伝統ある高級時計ベルトです

  • すべての皮製品はフランスで作られています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

株式会社カミーユ・フォルネ ジャポンに対するみんなの口コミ

商品が届いたときに、はっきりと高級感が感じられました。デザインのこだわりも個性的で、小さなおしゃれに優越感に浸れます。時...
ベルトが古くなったので、こちらの時計ベルトを購入してみました。以前より、時計が引き立って見えて満足しています。このさりげ...
カミーユ・フォルネの時計ベルトは、時計を買うたびにいつもこちらのものに変えています。それくらい合わせやすく、しっくりきま...

フランスの自社工場が公認する国内アトリエ

カミーユ・フォルネ・ジャポンは、フランス本社が公認するアトリエを設けています。日本国内でもよい製品を長く愛用していただくために、アフターサービスは万全です。

第2位 株式会社シンシアー

  • 質の高い皮革を職人が厳選している、こだわりの時計ベルトです

  • ヨーロッパでのトップシェア!本国イタリアでも高いシェアを誇ります

  • 伝統の技術をもった職人とデザイナーの合わせ技で完成される製品です

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

株式会社シンシアーに対するみんなの口コミ

デザインや色ももちろんいいのですが、何より質感、着け心地がとてもいいです!新品でこんなに良いのだから、皮がなじんできた頃...
今まで時計のベルトは特にこだわりがなく、地味めのものばかり使っていたのですが、今回時計のベルトを交換するにあたり、ちょっ...
モレラート社の時計ベルトを購入しました。日本の代理店はシンシアー社というそうで、はじめて知りました。茶色系統のベルトが欲...

モレラート時計バンドを販売、日本の代理店

シンシアーは、伝統がありながらも日々挑戦を続ける、イタリア・モレラート社の時計バンドを日本で販売している代理店の会社です。

第3位 株式会社ミモザ

  • 日本人の感覚に合わせたデザイン性の高い時計ベルトです

  • あなたの個性を生かすオーダーメイドも受け付けています

  • 素材、手仕上げ、豊富なバリエーション、すべてをこだわった時計バンドです

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

株式会社ミモザに対するみんなの口コミ

デザインがきれいで一目ぼれして買った時計ベルトです。買ってよかったです。時計も、ベルトも以前よりも人から褒められることが...
もともと持っていたのは安めの時計なのですが、気に入っていたのでベルトだけ交換することにしました。かえてみると、時計にも高...
ミモザは、以前から交換バンドの御用達だったのですが、この度、オーダーメイドでつくってみました。なにせ、時計が高価でさらに...

人の目を引くお洒落を時計ベルトで

ファッションに取り入れられることも多くなり、時間を知るためだけの役割ではなくなった時計です。その時計のベルトに少し気を配ってより素敵になって欲しいという想いがミモザのベルトには込められています。

第4位 腕時計本舗

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

時計と時計ベルトを総合的に探せるサイト

腕時計本舗は、時計や時計ベルトなどのことを全般に幅広く知っていただけるサイトです。販売実績も豊富で、品揃えも多いから、皆様に選んでいただいています。

第5位 松重商店

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

日本の職人!男性時計ベルト専門店です

松重商店は、31000本の革の時計ベルトを、業界のベテランが厳選して販売しているサイトです。時計ベルトまでこだわれば、より男のオシャレ度がアップします!

時計ベルトの種類

ゴールドの腕時計時計ベルトには様々な種類があります。
そしてその時計ベルトの種類によって、特徴も違ってきます。

まず、時計ベルトには「三つ折れタイプ」と「二つ折れ」タイプというものがあります。
これは、バックルがどのように折れて腕に留まるかということを示しています。主に二つ折れは女性用の腕時計で採用されています。

素材としては、革が最も有名でしょうか。
使うごとに深みが増す革は、高級感や独特の光沢が生まれます。しかし、革ということで手入れをしなくては、劣化してしまいます。汗や汚れを乾いた布で拭いたり、革製品用のオイルを染み込ませたりすると良いでしょう。ただ、革にも牛・馬・ワニなど種類も様々なので注意してください。

次は金属です。
金属の時計ベルトは、丈夫さが売りです。高温多湿な日本では錆びにくいことで知られるステンレス製の物が特に採用されています。細かい傷が目立つ時は、磨くことで輝きを取り戻すことができます。

最後はウレタンやナイロン製のバンドです。
主にスポーツ等のタイムを計測、アウトドア用の時計ベルトに採用されている素材です。
軽さと安さ、そしてカラーバリエーションが豊富なことが特徴です。

時計ベルトの種類は本当に様々です。購入の際はご注意ください。

時計ベルトの交換時期

手時計ベルトの交換時期は素材によって、違ってきます。今回は、最もメジャーな革・金属・ウレタンやナイロンの順で考えてみましょう。

革でできている時計ベルトの場合、革に深いヒビが入るようであればもう交換した方が良いでしょう。革は経年劣化が逆に味となるのが普通ですが、ヒビが入るほどになると突然ベルトが切れてしまい、時計の本体が落ちてしまう場合もあります。
できる限り汚れを乾いた布で拭いたり、オイルを染み込ませたりといった手入れをしつつ、頃合いをみて交換を考えても良いのではないでしょうか。

金属のベルトの場合は錆びついてきた頃が交換時期です。高温多湿の日本では錆びにくいステンレス製のものが採用されますが、それでも少しずつ錆びてはきます。また、磨きではどうしようもならないほどの傷がついてしまった際に交換するのも良いでしょう。

ウレタンやナイロンのベルトは、スポーツやアウトドアで使う時計に採用されることが多いです。そのため、度重なるベルトの伸縮や折り曲げにより、ヒビが生じることがあります。革でできたベルトと同じく、そのタイミングが交換時期になってきます。「山でキャンプをしていたらいつの間にか無くしていた」ということもありますから、できるだけ早めの交換をおすすめします。

時計ベルトの交換時期によく注意し、できるだけ長く時計を使いましょう。

時計ベルトの相場

青いベルトの時計時計ベルトの相場は、素材によって違ってきます。

革でできたものだと数千円から販売されています。ただ、革は革でもワニなどの素材になると、数万円以上になることが多く、入手自体も難しくなることがあります。
価格が高ければ必ずしも良いものであるとは限りませんが、革の場合経年劣化した時の美しさ(光沢・肌触り等)に差が出てきます。購入の際は、このあたりの情報もお店のスタッフに聞いておくと良いでしょう。

金属ベルトは数千円で販売されています。革ベルトに比べると比較的安価で取引されている数もとても多いです。
革ほど製品による差が生まれません。それが金属の良さでもあります。そのため、購入も比較的しやすいのではないでしょうか。

ナイロンやウレタンのベルトは五千円以下で販売されていることが多いです。最も安い物だと千円以下になる場合もあります。
ただ、製品によって耐久度が違ったり、成型の際にできたであろうバリ(不必要な突起)などが目立ったりすることがあります。
価格が安いこともあり、インターネットで実際に製品を見ずに購入する方も多いことと思いますが、このあたりの情報は販売店に問い合わせ等をするなどして、気にかけておいた方が良さそうです。

時計ベルトの相場は以上のようになります。ただ、素材だけでなくブランドにも左右されますからよく注意してください。

時計ベルトの選び方

シンプルな腕時計時計ベルトの選び方は、ユーザーのニーズによって違ってきます。

カジュアルさや上品さを求める方であれば、革でできたベルトがおすすめです。
革のベルトは使いこむことで、独特の光沢や肌触りが生まれ味のあるものへと変わってきます。
大事な方へプレゼントする際に好まれるのも、革のベルトである場合が多いです。「できるだけ長く一緒に居ましょう」、そんなメッセージを込めることもできるかもしれませんね。

金属でできたベルトはビジネスで使いたい方や、耐久性を気にする方が使用するのが良いでしょう。
特にステンレス製のベルトは高温多湿の日本においては、非常に重宝される素材です。ただ、金属の重みが気になるという方もいらっしゃるので、実際に腕に着けてみて購入するのがおすすめです。

ウレタンやナイロンでできたベルトは、スポーツやアウトドアで使う時計に採用されていることが多いです。
これらはとても軽いため、腕周りを身軽に使うことができるのが特徴です。
小さいお子さんにも扱いやすく、交換する際にも安価で済むのも嬉しい点です。また最近では、女性に好まれることも増えてきました。「腕時計を使いたいけど、重くて疲れるのはイヤ」、そんなニーズに応えているのでしょう。

時計ベルトの選び方はこのようになります。ユーザーのことをしっかりと想像しながら選ぶと良いでしょう。

▲ ページトップへ